有機野菜 宅配有機野菜 宅配

Goods.com

お気に入りグッズの情報をのせてます

日用品

レイバン サングラス

レイバン(Ray-Ban)は、サングラスを主に展開するブランドです
そのレイバンが米空軍からの依頼により誕生したことはよく知られた話です。


1937年の創業と同時に同社は市場モデルを導入し、軍や警察、アウトドアのスポーツシーンなどで徐々に人気となっていきました。



サングラスを着用するのはファッションとしてではなかったのです。
ただ、サングラスというかレイバンをうまく取り入れることが、新しい個性の象徴になったようです。


サングラスで目元を隠すことによって演出されるクールさは、今の時代では珍しくありません


ですが、初めてサングラスがファッションのアイテムとして登場した頃の時代の価値観では、受け入れられない部分もあったのではないでしょうか。


それが徐々に溶け始めるのは60~70年代の例えばロックに代表される音楽シーン。
映画の世界ではニューシネマなどをはじめとするカウンターカルチャーの台頭による
従来あった価値観の変貌が大きく影響していきました。



レイバンをかけてステージに立つボブ・ディランは間違いなく時代のヒーローであり、
勧善懲悪がお約束だった映画のスクリーンでは、
サングラスをかけたアウトローたちが主役へと躍り出ました


そしてその影響はファッションの世界にも多くのインパクトを与えました。


例えばサングラスをかけることで完成するミステリアスなスタイルは間違いなく60年代以降に誕生した新しい価値観ではないでしょうか。



おそらく、というか間違いなく日本人が初めてサングラスという存在を意識したのは
ダグラス・マッカーサーが日本領土へ上陸したその日だったはずです。


そのサングラスがレイバンというブランドであることは、やがて人々の知るところとなり、
1960~70年代には若者の間で大流行することになるのです。




※記事内の画像は楽天市場へリンクしています

アウトドア用品 アウトレット

アウトドア用品はアウトレットが狙い目かもしれません


夏場のアウトドア・シーズンに必携なのがのBBQコンロですね!
同じように見えてどのような格差があるのでしょうか
人気商品を中心に厳しくチェックしたいものです



掃除のしやすさから耐久性まで千差万別のアウトドア用品


夏期のアウトドア・シーズンに向けて、買い求める人が急増するのがBBQコンロだそうです。
ただ一方で、「面倒臭そう」「炭を入れて網で焼くだけなのに、違いなんてあるの?」といったイメージを抱く人は依然として多いようです。


そんななか、近年のBBQコンロは、工具不要で組み立てやすいネジ無しタイプや、炭床を引き出し式にして簡単に掃除や火加減の調節ができるタイプなど、使いやすさを重要視したモデルが主流となっています。


また素材もステンレス製にして耐久性にこだわるなど、各製品ごとに「使ってみて分かる」格差があります。



アウトドア関連のグッズというものは、どういうわけか全般的に定価で売っているケースが多いです。
専門ショップなどでたまに値引きセールをしていても割安感があまり感じられないというのが正直な感覚です。


「同じもの、同じ機能のグッズを買うなら少しでも安く」というのが普通の感覚なのですが...。


そこで注目したいのが、今、流行の「アウトレットモール」に注目しましょう!
どこのショップでも定価販売しているあのグッズがアウトレット価格で手に入ります。


品数や種類はある程度限定されてしまいますが、いつも高値のアウトドアギアを少しでも安く手に入れるチャンスがあります。
楽天でも探したらいくつも出てきますよ!





キャリーケース かわいい

楽天でもランキングに入賞しているかわいいキャリーケースです



ポイント1:個性的なプリントボディ


個性バッチリなプリントボディが多数ラインナップされています
使い勝手もよく、お手軽価格なこのアイテム、毎日の服を替えるように、気分やその日の服装でそれぞれの柄を使い分けてもきっと楽しめると思います。


たくさんのどっとカラーを集めて、お部屋でディスプレイなんていうのも一つの楽しみ方です。
カラフルなのでとてもかわいいですよ。


ポイント2:軽くて丈夫なボディ


従来広く使用されていた「ABS樹脂」の利点と、現在主流になっている「ポリカーボネート」の利点をミックスした軽くて丈夫なスーツケースです。


わかりやすく言うと、コストが安く、成型しやすい反面、強度を上げるため厚みが出てしまうABS樹脂と、コストが高く、成型しにくい分、素材自体の強度が高いためうすく製作できるポリカーボネートを貼り合わせることにより、高品質、軽くて丈夫な上、コスト面でも非常にお手頃な価格にすることができたわけです。


ポイント3:ファスナータイプで軽々


キャリーケースの開閉部は実はケースの総重量を大きく左右するポイントの一つなのです。


軽い!扱いやすい!を求めて当ケースではファスナータイプを採用しています。
これなら女性の方でも安心、軽々お使いいただけると思います。


もちろんセキュリティー面も配慮してファスナーながらもしっかりとした開閉部に仕上げました
安心・軽量・丈夫なスーツケースでラクラク軽々と旅行が楽しめます。


ポイント4:TSAロックで安心


現在アメリカ方面の旅行の際は「TSAロック」が必需品だと言われています。


といいますのも、同時多発テロ以来、アメリカでは手荷物を始め、あらゆる面で検査などが厳しくなりました。
それにあたり空港職員は持ち主に許可無く荷物を開けられるようになり開閉できない鍵は、なんと鍵を壊して内容物を検査されます。


そこでこのTSAロックが必要になるのです。
この鍵はアメリカ運輸保安局によって正式に認可・容認されたロックで、この鍵でロックされた荷物は職員が責任を持って、チェック後には施錠してくれるのです。
だから安心という訳なのです。



かわいいキャリーケースがあれば、きっと旅行も楽しくなりますよ。





キャリーケース 人気

キャリーケースの人気アイテムといえば


ジラルドを代表する人気パターン、インターナショナル
ラブハート柄の正規コラボ・キャリーケースがその一つかもしれません。



可愛い♪ 目立つ♪ 4輪で動きもとてもスムーズなのです


内ポケットや仕切りも有り使い易く汚れてもサッとひと吹き出来て便利です
価格も以前のシリーズに比べとてもお安い設定となりました
はっきり言ってカッコいい! おしゃれな旅行ケースです



旅行に使うカバンはそんなひんぱんに使うわけではないのですが、
キャリーケースといえば、どれも同じような形や色になりがちです。



spia(スピーア)のPIGEON柄やGIRAFFE柄も非常に素敵でしたが、ジラルドのファブリックデザインは、洗練されたポップ過ぎない華やかさが魅力です。


エイプリル柄とテーブルクロス柄など、そのバリエーションはとても多彩です。


他では手に入らない柄ですし、モノクロで汎用性がありラグジュアリーな印象のテーブルクロス柄と、選ぶのに相当迷ってしまうことになるでしょう。


空港のベルトコンベアで運ばれてくる旅行かばんの中に、こんなキャリーバッグがのっていたら、それだけで楽しい気持ちになれます。





日よけ対策

日よけ対策には遮光遮熱カーテン


寝室が南向きや東向きで、夏は日差しが朝から容赦なく差し込むお宅に、大変な支持を受けている日よけ対策です。
太陽の眩しさと熱を同時にシャットアウトしてくれるカーテンがあれば、それも当然です。



レースカーテンの内側で太陽の光と熱を遮ってくれる、厚地タイプの遮光遮熱カーテンがオススメです。


寝室に使えば、早朝の強い日差しに悩まされることなく目覚ましが鳴るまでぐっすり眠れます。


この「目覚ましが鳴るまでぐっすり」に惹かれる人は実は多いようです。


「寝室は東向きで、おまけに高台でさえぎるものが何もないときているので、夏は日の出とともに強烈な朝日が差し込んできます。一間の掃き出し窓に遮光をうたったカーテンを下げていましたが、眩しさを多少さえぎってくれるものの太陽の熱は素通りも同然で、いつも4時過ぎには大汗をかいて目が覚めていました」


という方が、


「届いた翌日の朝にすぐに願いが実現しました。寝るときにいつも1時間だけかけるクーラーの冷気がほんのり残っている感じで、目覚ましが鳴る6時30分まで熟睡できたのです。起きてカーテンを開けたとたんに強烈な日差しが入り込んできてびっくり。カーテンを替えるだけでここまで違うんですね」


とのことなのですが...。
本当にこんなにすごいのでしょうか。驚きです。





AD
AD
  • ライブドアブログ