Goods.com

お気に入りグッズの情報をのせてます

サンダル 人気

この夏サンダルの人気一押しのアイテム


人気のサンダル ヴォヤージャーです



川や海、フィールドからタウンシーンまで


海水浴はもちろん、海や川でのバーベキューなど、ウォーターサイドで過ごす休日は夏の一番の楽しみです。
そんなシーンで大活躍するのが人気のこのスポーツサンダルシューズです。


排水性、速乾性が実に優れていて、履いたまま水に入っても陸に上がればサッと排水されます。


よくあるサンダルとは違ってシューズタイプなので足をすっぽりとホールドしてくれます。
しかもベルトで固定できるのもこのサンダルの魅力です。


サンダル的なカジュアルさでありながら、足を岩場などの危険からガードし、さらにスニーカーでも履いているかのように走ったりもできます。


もちろんタウンユースにもおすすめで、涼しげな足下を演出するサマーシューズとしてスポーティに履きこなせます。


リゾートへの旅のお供に持参したい一足です。




※記事内の画像は楽天市場へリンクしています

電子辞書 ランキング

電子辞書選びもランキングが気になりますが
そもそも電子辞書って必要なのでしょうか?


家電量販店にとって電子辞書はコンスタントな売上が見込める優等生的な商品なのだそうです。
しかしパソコンの利用に習熟している30代前後のユーザの間では、インターネットで検索できれば電子辞書をわざわざ買う必要はない、との声も根強いようです。
実は私もそう思っている一人なのです...。


インターネット上には、ウィキペディアのようにフリーで利用できる辞典サイトが多数存在していますし、文章の生きた用例を探しやすいといった特徴もあります。
ところが電子辞書の年齢別販売動向を見ると、学生時代に電子辞書を使った経験のない30~40代だけが電子辞書のブームから取り残されていて、シニア層にも遅れを取っているのが現状だそうです。



電子辞書が多くの年齢層で支持される理由は主にふたつあります。


まずひとつめは「信頼性」です。
ネット上ではさまざまな情報が入手できる反面、一定のリテラシーを備えていてもその真贋を見分けることは難しいものです。
その点、電子辞書に搭載されている広辞苑やブリタニカといった辞書は専門家が編纂していることで信頼性は高く、引用も安心して行えます。


電子辞書のもうひとつの価値は「クロス検索」が可能なこと。
多数の辞書を収録した電子辞書では、ひとつの語句を複数の辞書で同時に検索することで、理解をさらに深めることができます。
これは紙辞書にはないメリットであるのと同時に、パソコンにインストールして使う電子辞書ソフトでも不可能なワザなのです。


さらに可搬性の高さや発音機能といった点が受け、電子辞書はわずか10年で年間で数百万台も売れる製品へと急成長しているのです。



さて、最近ではこうした電子辞書ブームのあおりを受けて、携帯電話やネットブックに「電子辞書機能」が搭載されはじめているようです。
これさえあれば市販の電子辞書は不要とでも言いたげな宣伝ぶりなのですが、実際にはこれら電子辞書機能は一様に項目数が少なく、すこし難しい語句になるとヒットしなくなることも珍しくないらしいです...。
また国語辞典や英和辞典といった各ジャンルごとに1つの辞書しか収録されていないため、複数辞書によるクロス検索の恩恵を受けられない、ときてます。
同一ジャンルで複数の辞書を搭載し、項目数も10万以上と多い電子辞書に比べて、携帯電話やネットブックに搭載されているそれは明らかに力不足なのです。


私を含め、電子辞書に後れをとっている30~40代の人たちは、パソコンとか携帯のほうが優れている、と思いこんでいるような気がします。
こういった現実を知らないまま、優れたツールに触れる機会を逃してしまうのは惜しいことだと思います。


PS3 torne

PS3+torneでゲーム機ならではの録画で遊ぶ感覚を


PS3を使った地デジ録画キット、それが「torne」です。
といってもこれだけではよくわからないかもしれません。
基本的にtorneはPS3に地デジ視聴・録画機能を追加するアプリケーションと専用の地デジチューナーのセットのこと。


これを使って、PS3ならではの録画を楽しむキットなのです。
さくさくと軽快な操作感に加え、すばやい番組検索、ネットワークを利用したユニークな情報の取得が楽しめる。
ふつうのレコーダーには真似できない、ゲーム機ならではの「録画で遊ぶ」ことができる新提案がコレです。


もはや既存のレコーダーとは別モノに感じる超レスポンスの操作感


地デジ専用とはいえ、あのPS3にレコーダー機能が付くとなれば、注目せざるをえません。
というわけで、PS3専用地デジレコーダー「torne」を検証してみましょう。




実際の製品自体はチューナー+アプリのキットなので非常に小さいのですが、その性能はこれまで触って来たレコーダーの枠から完全にはみ出してしまった独自のものとなっています。
とにかくレスポンスは小気味よく他ユーザーの予約や視聴状況を表示する「トルミル情報」や録画した番組の傾向で与えられる「称号システム」など遊び心が満載なのです。


とにかく、ここまで触っていて楽しいレコーダーなど他にないだろうと思います。
もちろん機能的には通常のレコーダーの方が有利な面も多いと思いますが、それを気にしないくらいの快適さと価格設定になっています。


ただ、今後は是非ともBS/CSチューナーを搭載した上位モデルの発売をお願いしたいです。




地デジ以外は録画できません


torneは地デジ専用のキットなのでBSや110度CSデジタルなどの録画はできません。
そもそも付属しているチューナーが地デジチューナーのみです。
もっとも、今後、ニーズがあれば「BS torne」とか「スカパー!torne」なんかも出てくるかもしれません。


編集機能は非搭載です


プレイリスト作成のような編集機能はなく、オートチャプター機能も搭載されていません。
だからCMカットはおろか、CM飛ばしもできないのです。
これは痛い!
かわりに15秒スキップが可能なので、これを利用して不要なシーンは15秒刻みで飛ばして視聴することになります...。

3D テレビ

パナソニック、ソニーが先導する3Dテレビは本物か!?


画面が立体的に見えるテレビ、いわゆる3Dテレビは、はるか昔から未来のテレビとして紹介されてきた。
しかし、これまで発表された3Dテレビというものは私たちが期待した以上のものではなかった。
どこか子ども騙し的なものであり、1、2回見れば飽きてしまうようなものばかりだったのだ。


ところが、遂に我々が期待していた3Dテレビが誕生することになる。
従来のものとなにが違うのかと問われれば、概要だけ説明されても実際は我々も違いが分からない。
そこで、3Dテレビの発売を予定しているパナソニックとソニーそれぞれの3Dテレビを調べてみた。



そもそも3D映像を見るためにはいくつかの製品を揃える必要がある。
あの大ヒットした3D映画の「アバター」も3D館と2D館があったように、施設がなければ3D映像を楽しむことは出来ない。


家庭用の3D映像に関していえば、3Dの映像ソースを3Dテレビで受信して、3Dメガネを通すことで3D映像が楽しめる。
もちろん3Dソースがブルーレイだった場合は、それに対応した3Dディスク再生機が必要だ。



いずれにしても3D対応の環境にする必要があるので、一部のAVマニアの道楽になる可能性もあるが、製品価格自体はテレビ、レコーダーを同時に買った場合、3D対応のものと非対応のものでは約9万円くらいの差に収まると言われている。
決して安いとは言えないが、絶対無理ともいえない価格差である。
むしろフルハイビジョンテレビなどが登場したときより現実的な価格差だといえる。


さて実際に3D映像を見るためには3Dメガネを装着する必要がある。
いまだにメガネが必要なのかと思われるかもしれないが、その仕組みとは比べ物にならないくらい進化していた。


メガネには電源が付いておりONにするとテレビと同期して3D映像を最適化して見せるというもの。
故に、映像のズレ、違和感というものを感じなくなる3D映像に没頭できるのだ。



肝心の3D映像自体も高解像度に進化しているためか、以前のモノが飛び出して来てビックリさせるという映像を多用することなく、自然に深い奥行きを表現していた。
それにより映像の臨場感、没入感が格段にアップしているのだ。


決してすべてのソースに必要だとは思わないが、3D映像は確かに可能性を秘めているといえる。


オーフレッシュ 口コミ

脱臭器のオーフレッシュが口コミで評判になっています


世の中の消臭剤や脱臭器って大げさなこと言っているけど強烈な臭いには無理だよね
と、そう思っていますよね?


この「オーフレッシュ」は使用後でも返品ができます。
これはどういうことだと思いますか。




小学生だった息子が子猫を拾ってきて以来、捨て猫を保護して里親を捜す活動が20年も続いてしまって。
多いときは10匹も猫が家にいたのです。


この「オーフレッシュ」を見つけるまでは、本当に臭いとの戦いでした。
玄関を開けるとムワッっとした動物臭に圧倒されるのです。


それで、評論家になれるくらいに次から次へと消臭剤を買ってみたのです。
でも消臭スプレーの効果は数時間だけ。
除菌クリーナーで拭いても、時間がたつとオシッコの臭いが優勢になってしまいます。
粒々招集タイプのものは強烈な臭いには無理でした。


だからこの「オーフレッシュ」の広告を見たときには、とても本気に出来ませんでした。
ところが、近所の動物病院でこの「オーフレッシュ」が使われているのを見たんです。
その病院、動物臭があんまりしないんですよ。


お宅でもぜひ、ペット臭、生ゴミ臭、たばこ臭に使ってみてください。


特に使って欲しいのは、競合品のオゾン脱臭器を買って失敗したことのある人です。
競合品の多くは「オゾンのみで脱臭」ですが、オーフレッシュは「オゾン+ラジカルによるダブル脱臭」です。


オゾン放出量は法律で規制されているので製品間に大差はないのですが、オーフレッシュではオゾンの他にラジカルによる脱臭効果が大きいので、効果実感が明らかに違うはずです。


コンセントに差すとプラズマ放電を起こして「オゾン」と「ラジカル」を放出して、これらの分子が悪臭を分解、無臭化するのです。
即効性はありませんが、数日で効果が感じられてきます。




電気代は24時間つけっぱなしで一ヶ月約16円。
作動中はカチカチ音がします。


クロックス マリンディ

クロックスのマリンディがオススメ


ここ数年、サンダルと言えばクロックスかその類似品が、世界各国でメインストリーム的な存在となっています。
今ではハイヒールやスポーツシューズ的なものまでがバリエーションとして販売されています。


クロックスは、一般にはサンダルに分類されているが、2002年に初代製品が登場した頃には、欧米ではソフトクロッグというカテゴリー名で呼ばれていたようです。
クロッグとは、本来、木靴を意味し、ぬかるみなどを歩く際に足を濡らさぬように使われるものでした。
そう聞けば、水害の多かったオランダで木靴が発達したのも、何となく納得できる気がします。




さて、クロックスの「マリンディ」はおしゃれ感のある浅めのレディース用フラットシューズです。
スタイリッシュで遊び心いっぱいのフラットシューズは、履き心地の良さはもちろん、スリムでフェミニン、カジュアルでシックなデザインを実現しています。


特徴としてクロックスが開発したオリジナル素材『クロスライト材』はクロックスが開発したオリジナル素材で、フォーム密度が高い為、抗菌性に優れ、素足をドライに保ちます。


さらにマリンディには全面にしずく型の5つの穴がデザインされており、その通気穴と、バッグがストラップでサンダル風になっているので、通気性があって夏でも蒸れにくいシューズになっています。


高いクッション性から、足にかかる筋力疲労度を約60%抑制することも人間工学による検証により分かっており、快適性の高い履き心地を得られる事は間違いありません。


クロックスのサンダルはカラー豊富な1色使いか、あっても本体とストラップなどの2色使いですが、マリンディには、「マリンディ・レオパード」という豹柄タイプがあります。
他のクロックスのサンダルとは違うタイプですが、遊び心のあるデザインで、ゴールドとピンクの2色あります。
テーマによって色選びも、一日の始まりを楽しく演出してくれる事でしょう。


機能性、履き心地、スタイル、デザイン性、どれを取っても一押しサンダルです。




どんなジャンルでもそうですが、ある製品が市場を席巻しているときには、後発のプロジェクトはどうしてもその後追いになりがちです。
最近の例では、ストレート型のスマートフォン端末が、おしなべてiPhone的なデザインになっています。
そこにまったく新機軸プロダクトを投入するのは、確かにリスクも大きい訳です。
しかし、似たような製品の中で表層的な差を付けることに明け暮れ、結局は価格競争に突入して、数は出ても利益が確保できない状態とどちらを選ぶかと言われれば、真のクリエーターは迷わず前者を選択するでしょう。


マリンディはそのために必要な、先行品とは明確に異なる製品哲学が感じられます。
他分野の製品にも、同様の根源的な発想の転換やチャレンジ精神を求めたいです。


腹筋くん ライト

腹筋くんライトは、はたしてダイエットに有効なのか?


おなかがボテッと出るのは、主には腹筋の筋力低下が原因ですから、腹筋を鍛えればコルセットのようにしっかり内臓を定位置に支えられるようになって、お腹のでっぱりは目立たなくなります。


...それは、よく分かるんだけど、その腹筋トレーニングがきつくて続かない


えっ!今は誰でもラクに続けられる時代になっていますよ。


えっ


テレビを見ながらCMタイムにやれるので三日坊主で終わらない


一見単純な座椅子に見えて、腹筋トレーニング機としても本格なのです。


バーを起こして太ももを固定すると膝の角度が約90度になります。
まず、この角度が腰の負担を軽くします。
膝を立てることで骨盤が引き上げられ、その結果、背骨が伸びます。


ナチュラルで安全な腹筋トレーニングが出来るというわけです。




太ももが固定されるので、太ももで反動をつけることが出来ません。
どうしても腹筋の力だけで起き上がる作りになっているので、しっかりとお腹に効いてきます。
さすがは世界のミズノです。
細かく設計されています。


座面には弾力豊かなポリウレタンがたっぷり入っているので、座椅子としての座り心地も快適です。


腹筋だけで上体を起こすので腹筋がブルブル震えながらじっくり鍛えられます。
手で勢いをつけて腰を起こす人がいますが、あれはダメです。
勢いをつけて起きるので、一瞬しか腹筋が使われないからです。


何のためにやっているのか、
ノルマ的に数を追うのは一時的には仕方がないのかもしれませんが、
長く続けられるようによく考えて、無理をしないようにがんばりましょう。


楽天で見ますと、けっこう売り切れになっている店が多いです。
人気なのか、品薄なのか、理由は知りませんが。




ダイエットするならこちらがお勧めです。



AD
AD
  • ライブドアブログ