Goods.com

お気に入りグッズの情報をのせてます

スマートフォン 修理

液晶画面が割れそうで怖いんですが
スマートフォンを修理するなんてことにはなりたくないものですが...


画面を直接触れるタッチパネル方式は、全面がパネルだけに画面が割れる心配や、故障時の修理費が高くなる恐れもあると思います。


どの携帯も今は画面が大きくなっているので、割れる危険性については、
他の携帯とほとんど同じだと言えます。
ガラス面を守るのには液晶に貼るフィルムは意外に有効なので、心配な方は試すとよいでしょう。
わずか数百円の出費なので、軽微な傷を防ぐためにも貼っておいた方がいいと思います。



画面は、表面のガラス、タッチセンサー、液晶の三層構造になっています。


表面のガラスが割れただけなら、修理費も安くてすみます。
インターネットなどで調べてみると、1万円以下でできる業者も少なくありません。


買ったところに持ち込むと、実は高い場合が少なくないので、割れてしまったときでもあわてずにネットで探してみるといいかもしれません。




※記事内の画像は楽天市場へリンクしています

スマートフォン パソコン

パソコン持ってないとダメですか?


音楽ファイルを転送したり、撮影した写真を取り込んだりと、常にパソコンとのやりとりが発生するスマートフォン。ですが、パソコンがないとスマートフォンが使えないかといえば、必ずしもそうではありません。


当然ですがメールなどの設定は電話機上から行うことができるし、iTunesストアから曲を購入することもできます。スマートフォン自体が小さなパソコンといえるので、この1台ですべてを完結させることは可能です。



さらには、アプリを追加することでスマートフォンは様々な用途に使える便利ツールに変わります。


iPhoneが発売された当初は「電話ができるiPod」として注目を集めたのですが、最近では携帯電話や音楽プレイヤーとしてよりも、このアプリによる拡張性こそがiPhone最大の特長だと認知されている。
iPhone以外のスマートフォンにおいてもそれは同じです。


そういう意味においても、スマートフォンは、もはやパソコンに依存しない世界が確立されつつあるといえます。
実際に、どうしてもパソコンがないと困るのはCDの曲をスマートフォンで聞きたい場合くらいかもしれません。
そう考えると、本当にパソコンは不要だといえます。





LEDテレビ ランキング

いいことずくめなLED、近い将来には液晶の主流になると思われます


LEDテレビのランキングはとても気になるところです



テレビCMなどで盛んに紹介されているLEDテレビですが、そもそもLEDテレビとは何でしょうか。


従来の蛍光管に替わってLEDをバックライトの光源に採用した液晶テレビのことを指して
LEDテレビと呼んでいます。


ひと口にLEDといっても配置方法で直下型とエッジライト型に分類されています。
薄型化や低消費電力化に効果が高いとして、
今年一挙に数を増やしたのはエッジライト型のLEDテレビです。


ちなみに高画質化しやすいのは直下型の方なのですが、
こちらは光源の数を減らしにくいという性質があります。


LEDは高輝度なので、光源を減らしても画面が暗くなりにくいのです。
また明るさの制御がしやすいためにコントラスト表現力も高めやすいという性質もあります。
さらにちらつかずに明るさを長く維持できるので、一定輝度でのパネル寿命が長いのです。


ようするにいいことずくめなのです。



一挙にLEDテレビが増えた背景には欧州情勢も深い関わりがあります。


国内ではそれほどでもないのですが、欧州では蛍光管を規制する方向に進んでいて、
水銀フリーのLEDの需要が高くなっています。


欧州ではLED電球も積極的に普及させているのですが、これは地球環境に対する意識の問題です。
そういう意味でLEDテレビはエコ家電なのだす。
長い目で見れば蛍光管に替わる存在となることは確実だと思います。





スマートフォン 乗換

おしゃれだとは思いますが……正直、使いづらくないですか?
スマートフォンに乗換えるときに気になるところです



いまでこそよく見かけるタッチパネル方式の携帯電話ですが、元祖はもちろんiPhoneです。
後追いで続々登場した国産携帯の完成度があまりにもヒドかったので「タッチパネル」=使いづらいという印象を持っている人が多いかもしれませんね。


ですが、iPhoneのタッチパネルは別格ですし、最近のスマートフォンではその差もなくなっています。
スムーズな操作感はコレまでの携帯電話のみならず、あらゆる電化製品の中でも群を抜いています。


その一方、賛否両論あるのが文字入力です。


タッチパネルでの文字入力はかなり慣れが必要なのは確かです。
慣れると早く文字入力ができるようになるものの、従来の携帯と全く同じ操作感で文字入力をしたいという人には、マイナス要素となるのは否定できません。




スマートフォン 比較

スマートフォンを比較すると、そもそも、電話としてはどうなんですか?


はじめてでも違和感ナシ、電話としてはかなり普通です


これから乗り換えようという人が実は一番気になるのが、
「電話としてどうなのか?」
という点ではないでしょうか。


形から想像するに、普通の携帯電話よりも会話しづらいと思っている人も多いようです。


ですが、電話として使ってみると、全く違和感なく会話ができることに驚きます。
音声もクリアで、耳に当てた際も使いづらいという印象はありません。



会話中は画面がロックされ、誤ってボタンを押してしまうのを防いでくれるほか、イヤホンをつなげ当然マイクがついており、ハンズフリーでの会話も可能です。


また、音楽を聴いている際に着信があった場合も、自動的に曲がフェードアウトするので、突然の着信に驚くこともありません。



3D映画 方式

3D映画の幕開けとして話題を集めていた『アバター』。



この先も3D方式を採用した映画は続々と登場する予定です。
そこで映画館で視聴できる4つの3D方式を見比べてみましょう。


3D感、精細感、明るさ、色再現性、字幕の見やすさの5つのチェックポイントで最もよかったのが、IMAX‐3D方式です。
実はこの方式を最初に見たのですが、他の方式を見るにつれて、「IMAX‐3Dの方がキレイだった」と感じられたのです。


3D映画を見るならIMAX‐3Dでキマリ!
と言いたいのですが、日本国内に4カ所しか対応映画館がないという欠点があります。


また、IMAX‐3Dは2つのプロジェクターで映写する仕組みのため、中央からずれた席で見るとブレが起きやすいようです。
実際、一部シーンの字幕がずれて非常に見づらかった。
イイ席を確保しつつ、吹き替え版で見るのがおすすめだと思います。



続いて、納得できる画質だったのが「RealD」方式です。
映像は非常に明るく3Dらしさも十分でした。
色がちょっとべたっとしているところがあるのですが、CGシーンの多い「アバター」には向いていたと思います。


対して、「Dolby3D」は発色が多少地味な印象。
ただし、CGの少ない映像にはこちらの方が向いているかもしれません。


ここまでの3方式は、差はあるものの、3Dメガネに特に違和感もなく、十分に3D映画を楽しむことができました。
問題だったのが「XpanD」方式。
シャッターでメガネのレンズを開閉する仕組みのため仕方がないのですが、メガネが重く、しかも形が固定されているため、顔にフィットしにくかったです。
画面も非常に暗く、色再現性や鮮やかさも低いなど、画質はずば抜けて悪かった。


3D映画を見るときは、映画館によって方式が異なるということを覚えておきましょう。




自転車 通販

電動アシスト自転車は通販で探せば選択肢が広がる...


右肩上がりで台数を伸張させている乗り物があります。
2008年に出荷台数で原チャリを抜いた電動アシスト付自転車です。


ダイエットやエコロジー&エコノミーをキーワードに、近年にない自転車ブームといわれているのですが、じつは自転車市場さえも2004年を頂点に出荷台数が減少しているのです。
そんな中で毎年115%前後、2000年から2008年で見ると、200%増を果たしているそうです。



庶民の足であった原チャリを抜いたのは、いくつかの要因があるとおもいます。


まず、2006年6月から駐禁取締りが強化されて「路駐」しにくくなったこと。
2008年のガソリン価格高騰も原チャリが敬遠された要因のひとつでしょう。


こうした原チャリを取り巻くオウンゴールに加えて、2008年12月に電動アシスト付自転車が法改正を受けたのも大きいと思います。
従来の規制は「人力1」に対し、モーターも「アシスト力1」の「1:1」だったのですが、法改正で「1:2」とアシスト力の比率上限が高まったのです。
新規制に対応することで、「登坂路でのアシスト」という電動アシスト付自転車に求められる最大の魅力が大幅に向上しました。



一度試乗すれば瞬時に分かるが、最新の電動アシスト付自転車は、普通の自転車が「漕ぎ損!」と思わせるほど、スイスイと急坂を平地のようにクリアしてしまうそうです。
課題の航続距離も年々伸びており、車種やバッテリーの容量で異なりますが、より実態に即して厳しくなった新業界標準走行条件でも40kmを超えるモデルも出てきているようです。


さらに、下り坂だけでなく平地走行時でも回生充電するモデルや2輪ともに駆動する全輪駆動や折りたたみタイプなど、多様化が進んでいるのも人気を加速させています。




AD
AD
  • ライブドアブログ